基山町アイが大きい町 住む人にも訪れる人にも満足度No.1の基山
基山町LINE自治体アカウント 友だち大募集

子宮頸がん(HPV)ワクチンについて(情報提供)

最終更新日:
 

子宮頸がん(HPV)ワクチンについて(情報提供)

 今回、子宮頸がん(HPV)ワクチンが公費で接種できる予防接種の一つであることを知っていただき、子宮頸がん(HPV)ワクチンを接種するかどうかを検討・判断するための情報提供をします。接種対象年齢に該当される方へは、令和2年10月末に個別にお知らせとリーフレット(概要版)を送付しています。

 厚生労働省が作成したリーフレット(詳細版)等を添付しますので、こちらも参考にご検討ください。リーフレット(詳細版)等は保健センターからもお渡しできます。

 

 

 子宮頸がん(HPV)ワクチンについては、平成25年4月1日から予防接種法による定期の予防接種となりましたが、接種後に、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み等が特異的に見られたことから、厚生労働省は、平成25年6月14日に「ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について」を通知し、子宮頸がん(HPV)ワクチン接種の積極的な勧奨を、一時的に差し控えることとしました。そのため、現在、子宮頸がん(HPV)ワクチンの積極的な接種勧奨はしていませんが、接種を希望される方は、定期接種として無料で接種を受けることが可能です。

 

 

定期接種の対象年齢

 小学校6年生から高校1年生相当の女児

※標準的な接種年齢は、中学校1年生とされています。

 

 

接種場所

 県内の登録医療機関

  子宮頸がん(HPV)ワクチン実施登録医療機関【鳥栖三養基管内分】(PDF:70.9キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

 

ワクチンの種類と接種回数

 2種類のワクチン「サーバリックス®(2価ワクチン)とガーダシル®(4価ワクチン)」があります。

間隔をあけて同じワクチンを合計3回接種します。どちらを接種するかは医療機関へご相談ください。ワクチンの種類によっては取り扱っていない医療機関もありますので、必ず事前に医療機関へご連絡をお願いします。 

 

標準的なワクチン接種スケジュール

 

サーバリックス®(2価ワクチン)

 1か月の間隔をおいて2回接種を行った後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回接種を行います。

 

ガーダシル®(4価ワクチン)

 2か月の間隔をおいて2回接種を行った後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回接種を行います。

 

 

ワクチン接種の効果

(1)子宮頸がん(HPV)ワクチンは、子宮頸がんを起こしやすいタイプである、HPV16型と18型の感染を防ぐことができると言われています。

(2)子宮頸がん(HPV)ワクチンを導入することにより、子宮頸がんの前がん病変を予防する効果が示されています。

これらにより、子宮頸がんの原因の50~70%を防ぐと言われています。

 また、接種が進んでいる一部の国では、まだ研究の段階ですが子宮頸がんを予防する効果を示すデータも出てきています。

 

厚生労働省 子宮頸がん(HPV)ワクチン関係ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)

このページに関する
お問い合わせは
(ID:3233)

基山町役場 法人番号1000020413411
〒841-0204  佐賀県三養基郡基山町大字宮浦666番地   Tel:0942-92-2011(代)   Fax:0942-92-2084  

[役場の開庁時間]

月曜日から金曜日(祝日、休日、年末年始:12月29日~1月3日除く):午前8時30分から午後5時15分まで
第2、第4火曜日(祝日を除く):午後7時まで開庁時間を延長(一部の業務を除く)詳細情報
第2土曜日:午前8時30分から正午まで(証明書発行など一部の業務)詳細情報

基山町
Copyright 2018 Kiyama Town All rights reserved.