基山町アイが大きい町 住む人にも訪れる人にも満足度No.1の基山

後発医薬品(ジェネリック医薬品)をご存じですか?

最終更新日:

後発医薬品(ジェネリック医薬品)をご存じですか?

印刷用ページを表示する掲載日:2017年7月1日更新

後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは? 

◯品質と安全性◯

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に販売される医薬品のことです。新薬と同じ有効成分で製造されており、厚生労働省により、同等の効果と安全性をもつと認められた上で販売されています。(全く同一というわけではありません。期待する効能・効果が得られない場合もあります。)

◯ジェネリック医薬品は価格が抑えられています◯

先発医薬品(新薬)の開発には、長い開発期間と数百億円もの費用がかかるといわれています。それに対してジェネリック医薬品は開発期間が短く費用がかからないため、安く提供できます。

ジェネリック医薬品の価格は、先発医薬品(新薬)の2割から7割程度のものが多くなっており、ジェネリック医薬品を選ぶことは自己負担を減らすだけでなく、国の医療費を減らすことにも繋がります。

ただし、お薬代の負担軽減の程度は自己負担の割合や、これまでのお薬の価格、ジェネリック医薬品の種類(銘柄)などによって異なります。
また、すべてのお薬にジェネリック医薬品があるとは限りません。

 

ジェネリック医薬品を希望する場合

ジェネリック医薬品を利用したいときには、医療機関や薬局の窓口でジェネリック医薬品を希望する旨を伝えましょう。お薬の内容(適応、効能・効果、副作用など)に関しては、医師や薬剤師に相談のうえでご利用ください。

 

ジェネリック医薬品希望シールを活用しましょう

基山町では、ジェネリック医薬品希望シール(もしくはカード)をお渡ししています。保険証やお薬手帳に貼り活用ください。

 

ジェネリック医薬品利用差額通知を発送しています

現在服用されているお薬をジェネリック医薬品に切り替えた場合に、お薬代の自己負担額をどのくらい軽減できるか試算した差額通知ハガキを『ジェネリック医薬品に関するお知らせ』として、年に2回(7月・1月ごろ)発送しています。

該当月に処方された新薬をジェネリック医薬品に切り替えられた場合に、1カ月あたりの自己負担額の軽減が一定以上見込まれる方が対象となりますので、必ずしも全員の方に届くわけではありません。また、この通知はその一例をお知らせするものであり、強要するものではありません。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:318)

基山町役場 法人番号1000020413411
〒841-0204  佐賀県三養基郡基山町大字宮浦666番地   Tel:0942-92-2011(代)   Fax:0942-92-2084  

[開庁時間] 月曜~金曜日 午前8時30分から午後5時15分まで(国民の祝日、休日、年末年始を除く)

基山町
Copyright 2018 Kiyama Town All rights reserved.