基山町アイが大きい町 住む人にも訪れる人にも満足度No.1の基山
基山町LINE自治体アカウント 友だち大募集

コロナ禍における熱中症予防について

最終更新日:
 

熱中症は予防が大事!「3密」を避けながら十分な対策をとりましょう

 

1.熱中症は予防が大事!

 熱中症は命にかかわる病気ですが、予防法を知っていれば防ぐことができます。
(1)暑さを避けましょう
イラスト
・感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調節しましょう。
・外出時は暑い日や暑い時間帯を避け、無理のない範囲で活動しましょう。
・涼しい服装を心がけ、外に出る際は日傘や帽子を活用しましょう。
・少しでも体調に異変を感じたら、涼しい場所に移動し、水分を補給しましょう。
(2)適宜マスクを外しましょう
・気温、湿度の高い中でのマスク着用は熱中症のリスクが高くなるため注意が必要です。
・屋外で2m以上の十分な距離が確保できる場合は、マスクを外しましょう。
・マスクを着用しているときは、負荷のかかる作業や運動を避けましょう。また、適宜、マスクを外して休憩をとりましょう。
 
(3)こまめに水分補給をしましょう  
・のどが渇く前に、こまめに水分を補給しましょう。時間を決めて、少量づつをこまめにとることをお勧めします。
・たくさん汗をかいた時は、適宜、スポーツドリンクや塩あめ等で水分とともに塩分の補給もしましょう。
・水分は、1日食事以外に1.2L程度はとるようにしましょう。
・水分量については、治療中の疾患がある場合、かかりつけ医に相談ください。
 
(4)日ごろから健康管理をしましょう
・体温測定や健康チェックを毎朝、行いましょう。
・体調が悪いと感じた時は、無理をせずに自宅で静養しましょう。             
   
 

2.小さな子どもや高齢者は屋内での熱中症にも注意!

 熱中症は屋内でも起こります。小さい子どもや高齢者、病気療養中の方がいる家庭では、適切にエアコンを利用しましょう。
小さな子どもは、汗腺をはじめとした体温調整機能が十分に発達していないため、気温が皮膚温よりも高くなった時に、深部体温が上昇し、熱中症を起しやすくなります。
 また、気温が高い日に外を歩く場合、身長が低い子どもは、地表面からの熱の影響を受けやすく、大人よりも熱中症になりやすいので、特別な注意が必要です。子どもの顔が赤かったり、ひどく汗をかいたりしている時には、深部体温がかなり上昇していると推察されますので、涼しい場所で十分に休ませましょう。ふだんから、風通しのよい衣服を着せて、水をこまめに飲ませることも大切です。
 高齢者は、暑さを感じにくくなる上に体温調整機能の大切な役割を果たしている発汗と血液循環が低下し、暑さに対する抵抗力も少なくなっています。また、のどの渇きを強く感じないため、水分不足になりがちで、気づかないうちに熱中症を起してしまう場合もあります。のどが渇いていなくても、早め早めの水分補給を心がけましょう。
 
 




このページに関する
お問い合わせは
(ID:2949)

基山町役場 法人番号1000020413411
〒841-0204  佐賀県三養基郡基山町大字宮浦666番地   Tel:0942-92-2011(代)   Fax:0942-92-2084  

[役場の開庁時間]

月曜日から金曜日(祝日、休日、年末年始:12月29日~1月3日除く):午前8時30分から午後5時15分まで
第2、第4火曜日(祝日を除く):午後7時まで開庁時間を延長(一部の業務を除く)詳細情報
第2土曜日:午前8時30分から正午まで(証明書発行など一部の業務)詳細情報

基山町
Copyright 2018 Kiyama Town All rights reserved.