基山町アイが大きい町 住む人にも訪れる人にも満足度No.1の基山

後期高齢者医療の保険料について

最終更新日:

後期高齢者医療制度では、対象となる被保険者全員が、個人単位で計算された保険料を納めます。

保険料は、被保険者一人当たりいくらと決められる「被保険者均等割額」と被保険者の所得に応じて決められる「所得割額」を合計して計算されます。

 

平成30・31年度(令和元年度)佐賀県の保険料(限度額62万円)

=被保険者均等割額【51,800円】+所得割額【被保険者に係る基礎控除後の総所得金額等×9.88%】

保険料率は、2年に一度見直すこととなっています。

 

 

平成31年度(令和元年度)保険料については、令和元年7月中旬に通知を発送します。

 

 

 

 

所得の低い方の軽減措置

 

均等割

 

令和元年7月まで

 

世帯(被保険者および世帯主)の所得状況にあわせて次の表のとおり軽減されます。

 

軽減割合

世帯(被保険者および世帯主)の総所得金額等の合計額

軽減後の額(年額)

2割

「基礎控除(33万円)+50万円×世帯の被保険者数」を超えない世帯

41,400円

5割

「基礎控除(33万円)+27.5万円×世帯の被保険者数」を超えない世帯

25,900円

8.5割

「基礎控除(33万円)」を超えない世帯

7,700円

9割

「基礎控除(33万円)」を超えない世帯で、その世帯の被保険者全員の各所得(年金の場合は、年金収入から80万円を差し引いた額を使用)の合計が0円となる世帯

5,100円

 

 
 

令和元年8月から

 

世帯の所得状況に応じて次の表のとおり均等割額が軽減されます。
 
本来7割軽減の対象の方には、これまで特例として軽減が上乗せ(8.5割、9割)されてきましたが、平成31年度(令和元年度)から段階的に見直しが行われます。
 

均等割の軽減割合

 本来の軽減

平成31年度

(令和元年度)

 令和2年度

令和3年度 

 対象の所得要件(世帯主及び世帯の被保険者全員の軽減判定所得の合計額)

 軽減後の年額

(平成31年度)

 7割

 8.5割

7.75割 

 7割

 33万円以下

7,700円

 7割

 8割

 7割

 7割

 33万円以下のうち、世帯の被保険者全員の各種所得なし

 10,300円

 5割

 5割

 5割

 5割

 33万円+28万円×(被保険者数)以下

 25,900円

 2割

 2割

 2割

 2割

 33万円+51万円×(被保険者数)以下

 41,400円

 

 これまで9割軽減の対象であった方については、平成31年度(令和元年度)は8割軽減となります。
  

 

 

被扶養者であった方の軽減措置

 

後期高齢者医療制度の被保険者の資格を得た日の前日に健康保険組合、船員保険、共済組合などの被扶養者だった方は、保険料の軽減措置が適用されます。

 

 

所得割

所得割は賦課されません。

 

 

均等割 

 

【平成31年度(令和元年度)以降の措置】

均等割額の5割軽減は、資格取得後2年間に限定され、3年目以降は軽減が適用されません。

 

 

 【平成28年度以前から軽減を受けている方】

平成31年度(令和元年度)以降、軽減が廃止されます。

【平成29年度以降、軽減を受けている方】

資格取得後2年間(24か月間)に限り、均等割額が5割軽減されます。

 

 

被扶養者であった方が、所得の低い方の軽減措置【均等割】に該当する場合、軽減割合の大きい措置が適用されます。

 

 

保険料の納め方

特別徴収(年金からの納付)

年金受給額が月額1万5千円以上の方

※ただし、後期高齢者医療制度の保険料と介護保険料を合計して、年金額の半分を超える場合は、納付書または口座振替でお支払いいただきます。

年6回の年金受給(偶数月)と同時に保険料を納付します。

4月・6月・8月の各徴収分は、「仮徴収額(暫定額)」であり、前年度の年間保険料額をもとに算定します。

(前年度2月に特別徴収をした方は、その額が仮徴収の額となります。)

年間保険料額確定後の10月・12月・2月の各徴収分は、年間保険料額から仮徴収額を引いた額を3回に分けて納付します。

 

 

普通徴収(納付書または口座振替による納付)

特別徴収の条件を満たしていない方は、納付書または口座振替により納付します。

後期高齢者医療の対象になった方、基山町に転入してこられた方は、6か月から1年後に特別徴収になります。

特別徴収になるまで、納付書または口座振替により納付します。

口座振替を希望される方は、通帳と通帳の届出印をご持参のうえ、金融機関等で手続きをお願いします。

 

 

平成31年度(令和元年度)の納期限

 

納期限

1

令和元年7月31日(水曜日)

2

令和元年9月2日(月曜日)

3

令和元年9月30日(月曜日)

4

令和元年10月31日(木曜日)

5

令和元年12月2日(月曜日)

6

令和元年12月25日(水曜日)

7

令和2年1月31日(金曜日)

8

令和2年3月2日(月曜日)

9

令和2年3月31日(火曜日)

 

 

 

 

後期高齢者医療保険料の特別徴収から普通徴収への変更

保険料の納付方法が特別徴収(年金からの納付)となっている方で、普通徴収(口座振替)を希望される場合は、申し出により変更することができます。

 

 

 

所得税・住民税等の社会保険料控除

後期高齢者医療保険料は、所得税、住民税等の社会保険料控除の対象になります。

特別徴収(年金からの納付)は、特別徴収された方の社会保険料控除の対象です。

普通徴収(納付書または口座振替による納付)は、保険料を支払った方の社会保険料控除の対象です。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:275)

基山町役場 法人番号1000020413411
〒841-0204  佐賀県三養基郡基山町大字宮浦666番地   Tel:0942-92-2011(代)   Fax:0942-92-2084  

[開庁時間] 月曜~金曜日 午前8時30分から午後5時15分まで(国民の祝日、休日、年末年始を除く)

基山町
Copyright 2018 Kiyama Town All rights reserved.