基山町アイが大きい町 住む人にも訪れる人にも満足度No.1の基山

千塔山遺跡出土青銅製鋤先(せんどやまいせき しゅつど せいどうせいすきさき)

最終更新日:

千塔山遺跡出土青銅製鋤先(せんどやまいせき しゅつど せいどうせいすきさき)

印刷用ページを表示する掲載日:2013年5月2日更新

県指定重要文化財
昭和61年(1986年)3月19日指定
所在地(所蔵場所)基山町立歴史民俗資料館・図書館基山町大字宮浦350-6


千塔山遺跡(せんどやまいせき)は、基山駅前(モール商店街付近)の標高約50mの小高い丘陵地にあった、弥生時代終わり頃の環濠集落跡です。

発掘調査の結果、約40棟の竪穴住居跡が確認されました。また、集落の周囲は断面が「V」字形や「U」字形の溝に囲まれていました。

青銅製鋤先は、溝や住居跡から計7点出土し、そのうち2点は完全な形のものです。鋤とは現在のスコップのようなもので、鋤先とはその先端に装着されるものにあたります。


千塔山遺跡出土青銅製鋤先
(千塔山遺跡出土青銅製鋤先)
鋤先イメージ図
(鋤先イメージ図)
千塔山遺跡全景
(千塔山遺跡全景)

このページに関する
お問い合わせは
(ID:1238)

基山町役場 法人番号1000020413411
〒841-0204  佐賀県三養基郡基山町大字宮浦666番地   Tel:0942-92-2011(代)   Fax:0942-92-2084  

[開庁時間] 月曜~金曜日 午前8時30分から午後5時15分まで(国民の祝日、休日、年末年始を除く)

基山町
Copyright 2018 Kiyama Town All rights reserved.