基山町アイが大きい町 住む人にも訪れる人にも満足度No.1の基山
基山町LINE自治体アカウント 友だち大募集

高収益作物次期作支援交付金(新型コロナウイルス対策)の第3回公募が始まりました

最終更新日:
 

高収益作物次期作支援交付金とは

 新型コロナウイルス感染症の影響により卸売市場での売上げが減少する等の影響を受けた高収益作物について、次期作に前向きに取り組む農業者の

 方々に対し、支援が行われます。

 

 詳細は、農林水産省ホームページをご覧ください。

 www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/engei/jikisaku.html

  

交付金の対象者

 ・令和2年2月から4月の間に、「野菜・花き・果樹・茶の出荷実績がある農業者」又は「廃棄等により出荷ができなかった農業者」(出荷伝票

  などの提出が必要です)

 

 ・収入保険、農業共済等のセーフティネットに加入している又は、加入を検討している農業者

 

 ・令和2年度中に支援対象品目を作付けし、国が定める取組を実施する農業者

 

支援内容

 ※受益農家が3戸以上集まっての支援となります

 

その1 次期作に前向きに取り組む生産者への支援

・交付単価

 対象品目

 交付単価

 野菜・花き・果樹・茶 10a当たり5万円
 施設栽培の「花き・大葉・わさび」 10a当たり80万円
 施設栽培の「マンゴー・おうとう・ぶどう」 10a当たり25万円

 

※交付単価10a当たり5万円は、中山間地域等に対して1割加算されます。

 

※交付単価10a当たり80万円と10a当たり25万円は、中山間地域等の1割加算はありません。

 

※交付単価10a当たり80万円と10a当たり25万円の対象となる施設栽培は、加温装置(空調装置)又は、かん水装置がある施設です。いわゆる雨

 よけハウスは除きます。

 

・交付対象面積 

  国が定める取組のうち2つ以上を実施したうえで、売上げが減少した品目の作付面積(運用見直しにて変更)


・交付額の上限
  各農業者の減収額を超えない範囲で交付金をお支払い(運用見直しにて設定)
 

その2 新たな品種や新技術の導入等の取り組みへの支援

・交付単価 

  10a当たり2万円(中山間地域では単価1割加算)

 

・交付対象面積 

  高収益作物の次期作において、国が定める取組のうち1つ以上を実施する面積

 

その3 厳選出荷に取り組む生産者への支援

・交付単価 

  1人1日当たり2,200円

 

・取組日数の上限

  作業従事者1人につき90日まで(運用見直しにて設定)

 

・交付対象

  令和2年2月以降に高品質なものを厳選して出荷した取組

 

・対象品目

  露地・施設栽培の花き、茶又は施設栽培の大葉、わさび、マンゴー、おうとう及びぶどう

 

・その他

  各作業従事者が厳選出荷の取組を行ったことがわかる書類(作業日誌等)の提出が必要です。

 
 

運用の見直しについて

 令和2年10月12日に農林水産省より本事業の運用の見直しが行われました。見直しの内容としては以下の通りです。

 

運用見直しのポイント

 1.交付対象面積の変更(支援内容その1適用)

   次期作の全作付面積 → 売上げが減少した品目の作付面積

 

 2.交付額の上限設定(支援内容その1適用)

   各農業者の減収額を超えない範囲で交付金をお支払い

 

 3.厳選出荷の取組日数の上限設定

   作業従事者1人につき90日まで

 

 4.申告書の提出

   申請を行う際に、「取組計画書等」に加えて「申告書」の提出をお願いいたします。

 

追加支援措置について

 農林水産省より、本交付金の運用見直しにより、交付金が減額又は交付されなくなる農家において、本交付金を見込んで機械等に投資した農家への
 対応として、支援措置がとられました。
 

支援対象者

 「運用の見直し」により交付予定額が減額又は、交付されなくなる方で、令和2年4月30日から10月30日までの間に、次期作に向けて新たに
 機械・施設の整備や資材等の購入又は発注を行った生産者。
 

支援内容

 運用見直し前の交付予定額を上限として、機械・施設の取得費及び資材等の掛かり増し経費を支援する
 

関係書類

 【申請用紙】
  ※別紙様式第6-1、2号(取組計画書)のシート7について、追加措置を受けられる方は、取組計画書の提出を既に行われていても、シート7の
   提出が必要になります

 

 【パンフレット】

申請期間

JAに出荷されている方・部会員の農業者

  JAさが東部営農経済センターとす事業所にご確認ください。 TEL 0942-83-4771

 

JAに出荷されていない方・部会員ではない農業者

  令和2年10月21日~令和2年11月20日までとなります。

              (12月22日までに変更)

  ※農林水産省より、公募期間の延長が行われましたので12月22日まで受付となります

 

お問い合わせ先

JAに出荷されている方・部会員の農業者

  JAさが東部営農経済センターとす事業所 (TEL 0942-83-4771)

 

JAに出荷されていない方・部会員ではない農業者

  基山町農業再生協議会(基山町役場 産業振興課) (TEL 0942-92-7945)


 




 



 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:3070)

基山町役場 法人番号1000020413411
〒841-0204  佐賀県三養基郡基山町大字宮浦666番地   Tel:0942-92-2011(代)   Fax:0942-92-2084  

[役場の開庁時間]

月曜日から金曜日(祝日、休日、年末年始:12月29日~1月3日除く):午前8時30分から午後5時15分まで
第2、第4火曜日(祝日を除く):午後7時まで開庁時間を延長(一部の業務を除く)詳細情報
第2土曜日:午前8時30分から正午まで(証明書発行など一部の業務)詳細情報

基山町
Copyright 2018 Kiyama Town All rights reserved.