基山町基山町移住・定住サイトトップへ

令和2年度 基山定住サプライズプロジェクト~結婚新生活支援補助金~【4月1日申請受付開始】

最終更新日:
 

最大30万円!結婚に伴う新生活のスタートアップにかかる費用の一部を補助します!~結婚新生活支援補助金~

 基山町では、「基山定住サプライズプロジェクト」の一環として、新婚世帯に対し、結婚に伴う新生活のスタートアップにかかる費用の一部を補助しています!

 対象期間に婚姻・同居された世帯は補助対象となる場合があります。お気軽に定住促進課定住促進係までお問合せください!

 (※夫婦の双方または一方が離職し、申請時において無職の場合は、離職した方については所得なしとして夫婦の所得を算出します。)

 7

補助対象世帯

  • 令和2年1月1日から令和3年3月31日までの間に婚姻届を提出し、受理された夫婦
  • 婚姻届出日現在において、夫婦ともに年齢が34歳以下であること
  • 夫婦の合算所得額が340万円未満であること(夫婦の双方又は一方が離職し、申請時に無職の場合は、離職者については所得なしとして、新婚世帯の所得を算出します。また、貸与型奨学金の返済を行っている場合は、その年間返済額を控除します。)
  • 市町村税の滞納がないこと
  • 過去にこの制度に基づく補助を受けたことがないこと
  • 基山町暴力団排除条例(平成24年条例第1号)第2条第3号に規定する暴力団員等でないこと 
 

補助内容

 ・令和2年1月1日から令和3年3月31日までの間に補助対象世帯が支払った次の費用(上限30万円 ※1,000円未満切捨)

  住居費用:婚姻を機に賃借した住居の敷金、礼金(保証金などを含む)、仲介手数料

  引越費用:婚姻後に同居するために引越しをした場合に、引越業者又は運送業者へ支払った費用

 

申請方法 

基山町結婚新生活支援補助金交付要綱をご確認の上、次の書類を、持参又は郵送により定住促進課まで提出してください。

 ・ 結婚新生活支援補助金交付申請書(様式第1号)(ワード:41.5キロバイト) 別ウインドウで開きます

 ・夫婦の記載のある戸籍謄本又は婚姻届受理証明書

 ・住民票謄本

 ・所得証明書(市町村の長が発行する所得を証明する書類)

 ・離職したことがわかる書類(離職した場合)

 ・貸与型奨学金の年間返済額がわかる書類(返済した場合)

 ・市町村税の滞納がないことを証する書類

 ・住宅の賃貸借契約書及び領収書の写し(住居費用について申請する場合)

 ・引越費用に係る領収書の写し(引越費用について申請する場合

 ※住民票謄本、所得証明書、市町村税の滞納がないことを証する書類については、申請者及び配偶者の分を提出してください。

 

 

申請受付期間 

 ・令和2年4月1日から令和3年3月31日まで 

※申請受付は、予算の範囲内で先着順となります。

 

 ※この結婚新生活支援補助金は、国の地域少子化対策重点推進交付金を活用しています。事業計画は次のとおりです。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:2403)
 
基山町役場
〒841-0204  佐賀県三養基郡基山町大字宮浦666番地   Tel:0942-92-2011(代)   Fax:0942-92-2084  

Copyright 2018 Kiyama Town All rights reserved.