ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織(担当課)で探す > 教育学習課 > 木造多聞天立像・木造広目天立像(もくぞうたもんてんりゅうぞう・もくぞうこうもくてんりゅうぞう)

木造多聞天立像・木造広目天立像(もくぞうたもんてんりゅうぞう・もくぞうこうもくてんりゅうぞう)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月2日更新

 国指定重要文化財
 昭和25年(1950年)8月29日 指定
 所在地 大興善寺境内(基山町大字園部3628)


 
大興善寺(717年創建)の本尊である十一面観音菩薩立像の守護とされています。頭部と体部は一木造り(※一本の木から彫り出してつくる技法)で、そこに両腕を取り付けています。また、いずれも兜(かぶと)・鎧(よろい)とつけ、沓(くつ)を履き、岩座の上に立っています。

 多聞天立像は高さ約145cmで檜を使用し、広目天立像は高さ約149cmで栴檀(せんだん)の木を使用しています。いずれも平安時代後期頃につくられたといわれています。


木造多聞天立像 木造広目天立像
         (木造多聞天立像)                 (木造広目天立像)