ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

確定申告のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月14日更新

確定申告のお知らせ

平成29年分所得税及び復興特別所得税・平成30年度町県民税の申告指導と納税相談の期間は、2月16日(金曜日)から3月15日(木曜日)まで、下記の日程表のとおり行います。なお、時間帯によっては、お待たせすることがありますので時間にはゆとりを持っておいでください。

会場と日時

●会場
 基山町役場庁舎 2階会議室
●受付時間
 午前 ・・・ 午前9時~11時
 午後 ・・・ 午後1時30分~3時30分


●日程表(土・日・祝日は除く)

午 前

午 後

日 程

午 前

午 後

受付時間

午前9時~11時

午後1時30分~3時30分

受付時間

午前9時~11時

午後1時30分~3時30分

2月16日(金曜日)

14区

10区

3月2日(金曜日)

8区・11区

2月19日(月曜日)

15区

11区

3月5日(月曜日)

1区・10区

2月20日(火曜日)

16区

12区

3月6日(火曜日)

2区・12区

2月21日(水曜日)

17区

13区

3月7日(水曜日)

4区・13区・16区

2月22日(木曜日)

1区

3月8日(木曜日)

7区・8区・14区

2月23日(金曜日)

2区

3月9日(金曜日)

5区・6区

2月26日(月曜日)

3区

5区

3月12日(月曜日)

3区・15区

2月27日(火曜日)

4区

7区

3月13日(火曜日)

9区・17区

2月28日(水曜日)

6区

3月14日(水曜日)

上記日程までに申告できなかった方

3月1日(木曜日)

9区

3月15日(木曜日)

 ※この日程表でご都合の悪い方は、区割り指定日以外の日でも結構です。
※2月16日(金曜日)から21日(水曜日)まで、九州北部税理士会の税理士によるe-Taxを利用した電子申告相談会を行います。利用される方は、電子証明書(マイナンバーカードや住民基本台帳カード)や申告資料等を持参ください。

 確定申告特集 [PDFファイル/1.66MB]

申告に必要なもの

・マイナンバーカード、または番号確認書類と身元確認書類
・税務署から送付された「確定申告のお知らせ」はがき(税務署からの送付がある方のみ)
・給与所得や公的年金等の源泉徴収票(原本)等、収入や経費が分かる書類等
・「社会保険料の支払証明書」(国民年金や国民健康保険税等を含みます。)「生命保険・地震保険等の控除証明書」等、控除額を証明する書類等(詳しくは、国税庁のホームページhttps://www.nta.go.jp/等でご確認ください。)
※平成29年中に国民健康保険税の納付がある世帯の世帯主の方に、1月下旬頃に国民健康保険税の納付証明書を送付しております。
・印鑑(認印可)と申告者ご本人名義の振込先金融機関の口座番号がわかるもの
・収支内訳書(農業・営業・不動産所得がある方は、収支内訳書を事前に作成していただくようお願いします。)
・土地や建物などの資産を売却した方は、売買契約書等や取得価格・売却費用等が分かる書類
・その他、申告ごとに必要な書類

ご注意ください

ふるさと納税でワンストップ特例を選択した方で確定申告が必要な方

ふるさと納税ワンストップ特例の申請を行うためには、確定申告の不要な給与所得者等で、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内である必要があります。したがって、ふるさと納税でワンストップ特例を選択した場合であっても、給与以外の収入がある方や医療費控除等を受ける方、また5団体を超える自治体に寄附をした方等は確定申告が必要です。その際、各自治体から発行される「寄附金受領証明書」を提出する必要があります。

公的年金収入が400万円以下でその他の所得が20万円以下の方

公的年金の収入金額が400万円以下で、かつ、公的年金以外の所得が20万円以下の方は、所得税の確定申告は不要となりますが、所得税の還付を受ける場合は確定申告が必要となります。また、所得税の確定申告が必要ない場合でも、次に当てはまる場合は町県民税の申告が必要です。
●公的年金等に係る雑所得のみで、公的年金等の源泉徴収票に記載されている控除(社会保険料や配偶者控除、扶養控除等)以外の各種控除(社会保険料・生命保険・地震保険・医療費控除等)の適用を受けるとき
●公的年金等に係る雑所得以外の所得(20万円以下も含む)があるとき
※確定申告をすると確定申告の内容で町県民税を計算しますが、確定申告や町県民税の申告がない場合は、年金の源泉徴収票の内容のみで町県民税を計算することになります。年金天引き以外の健康保険料や生命保険料など各種控除がある場合は、町県民税の申告をしないとその金額が考慮されません。

確定申告書等の提出の際には、マイナンバーの記載と本人確認書類の写しの添付が必要です。(基山町役場で確定申告をする場合は、写しの添付が必要です。)


マイナンバー書類